ローコード開発ツール「GeneXus」を選択する7つのメリット

現在、様々なローコード開発ツールが登場していますが、 ウイングが「GeneXus」をお勧めする理由をご紹介いたします。

無償評価版を利用する 無料説明会に参加する

1.ローコードプラットフォームとしての信頼と実績

現実の業務(抽象モデル)を記述すると、データベースと業務プログラムを自動生成します。シンプルな記述で高い生産性、品質を維持した開発が可能です。 30年以上にわたり激変するIT環境の中で現在も進化し続けています。世界50カ国+、導入企業数8,700社+、技術者13,500人+で利用されている信頼あるLow-Code Platformです。

Card image cap

2.アジャイル開発で素早いデリバリーを実現

アプリケーションの記述、生成、テストを繰り返すアジャイル開発プラットフォームでもあります。 高い生産性、保守性を活かしながら修正とデリバリーを短いサイクルで行い利用者へ価値を提供し続けることができます。Jenkinsを利用してCI/CDの実現も可能です。

Card image cap

3.マルチエクスペリエンス+マルチプラットフォーム

モバイルやスマートデバイス用のネイティブアプリケーション、レスポンシブおよびプログレッシブWebアプリケーションを生成します。 また、言語、DBMSを代表とするITテクノロジーの領域はGeneXusが時代のトレンドに対応したジェネレータを用意し切り替え可能、 開発者は言語、DBMSを意識することなく1つのモデルでマルチプラットフォームシステムを開発することができます。

Card image cap

4.将来の変化からビジネスを守る

AWS, IBM, Microsoft, SAP, Oracleといったテクノロジー企業と連携し時代のトレンドにあったITテクノロジーをジェレネータとして用意します。 もし、現在利用しているITテクノロジーが消滅しても、開発した業務記述を変更することなく最新のジェレネータに切り替えるだけでアプリケーションは再生成されます。 つまり将来必ず起こるIT環境の変化からビジネスを守ることができます。数年先ではなく数十年先のライフサイクルという観点で大きな効果を生みます。

Card image cap

5.学習しやすく習得が容易

従来の言語より学習しやすく習得が容易です。3日間の教育カリキュラムの受講と開発プロジェクトを経験することで 1ヶ月という期間で業務アプリケーションを開発することができます。また、GeneXusを習得するということは変化し続けるITテクノロジーに 取り残されることのないエンジニア、チームが誕生するということです。レガシー言語からのスキルチェンジにも最適です。

Card image cap

6.運用コストの削減

GeneXusのライセンス体系は開発者ライセンスのみであり、生成したアプリケーションは利用者が数万人いても 無料でご利用いただけます。さらに、アプリケーションを動作させるためのランタイムも不要です。 GeneXusが本来持つ生産性、保守性で開発コスト削減をしつつ、運用コストの削減も可能です。

Card image cap

7.ウイングによる導入支援・コンサルティング・サポート体制

GeneXusを選択する一番のメリットは、ウイングによる充実したサポート体制です。 受託開発・内製化を問わず、技術者の教育からシステムコンサルティング、導入支援や技術サポートなど、 豊富な経験と技術力を持つウイングが、すべての局面でサポートします。

Card image cap