ウイングの強み

ウイングのGeneXusソリューション

システム開発に『速い・失敗しない』を提供します

AmazonやGoogleに代表されるように、顧客に直結したビジネスが企業活動を変えつつあります。デジタルトランスフオーメーション(DX)時代の到来とともに、顧客のニーズは急激に変化・多様化し、企業は厳しい競争環境に置かれています。こうした激動のビジネス社会を勝ち抜くためには、ビジネスニーズヘの変化に迅速に対応できるIT基盤(システムづくりとノウハウ)が必要となります。
ウイングでは、超高速開発ツールGeneXus×WelNG独自のアジャイル開発手法「ST-REAM」×充実した教育・支援をラインナップし、WelNG GeneXus Solution Service (WGSS) として用意しました。 DX時代を生き抜く為のIT必須ツールとして、WGSSを是非ご利用ください。

ウイングの強み 教育&支援 ST-REAM GeneXus Tool&Template Weing GeneXus Solution Service (WGSS)

GeneXus Tool&Template
超開発を可能にツールと更にスピード開発を可能にするテンプレートを提供

GeneXus Tool&Template
GeneXusTool&Templateを最大限に活用した「失敗しない開発」方法と提供

GeneXus Tool&Template
GeneXusニーズ毎に充実した教育、支援体制を提供

WGSSのソリューションマップ

ウイング独自のアジャイル開発手法ST-REAMを基軸とした開発工程に、さまざまなツールやテンプレートを用意しています。

超高速開発ツール GeneXus GeneXus System-Template GXflow WorkWidthPlus SmartDevicePlus ignia GXtest RapidReport GXquery

ウイングの開発プロセス

ST-REAM
(System Template - Rapid and Easy Architecture Methodology)

プロトタイプを利用したアジャイル開発で、従来の開発手法に比べ早い段階で画面を用いたシステムチェックが可能です。

従来のウォーターフォール開発よりもWeINGアジャイル開発では30%の工数削減が見込めます

高速ローコード開発基盤「G.RAD.E(グレード)」登場

GeneXus+WorkWithPlusを開発プラットフォームとし、

複数の機能テンプレートから機能を量産することができます。





また、システムの非機能要件である、操作ログやデータ更新履歴等も

自動的に取得する機能も付与されており、技術者は、機能の業務要件のみ

お客様と詰めていくことでシステムを生成することができます。



1.認証の自動化、権限設定

GAM(GeneXusAccessManager)により、認証や権限設定の自動化を実現しました。


 




2.複数の機能テンプレートを搭載


テンプレートから機能を量産することで、開発効率が劇的に向上します。





GeneXusによるローコード開発の高速化に最適な開発基盤です。

GeneXus無料説明会のお申し込みはこちら お問い合わせ