技術支援

GeneXusコンサルティング

なぜ今、内製化が求められているのか

内製化のメリットはどこにあるでしょうか

個々の企業によって状況や考え方の差異はありますが、ウイングが内製化を支援させていただいた企業からは

  • 経営に合わせたシステムを早く利用できた
  • システムライフサイクルでコスト削減ができた
  • 自社のシステムのブラックボックスが少なくなった(ITベンダーに肝を握られなくなった)
  • 情報システム部門が経営に目が行き貢献できることで 社員のやりがい、成長につながった

といった声が聞こえてきます。
上記にあげた効果はキャッシュで換算すると、いったいどれくらいの価値があるでしょうか? ここでじっくりと考えてみてください。
「眼の前のコストや技術者育成の難易度にとらわれず、自社の経営はどうあるべきか」を。
ウイングが唱える内製化は、すべて自社自前で行うということではありません。
開発や保守の技術者が足りない時や、最新のITの情報やノウハウを得たい時には、ITベンダーの協力を得ながら、ユーザー企業の社員が中心となり主体的に開発を推し進めるということです。

成長する企業ほど内製化を選択しています

内製化が進められやすい企業の条件としてはどのようなことがありますかと、我々はよく聞かれます。

  • 経営者が長期的に費用値効果が理解できる企業
  • 経営活動、事業が成長している企業
  • 自分のことより、自社の経営や利益増大を考えている情報システム部門がある企業
  • 新しいことにチャレンジしている企業
  • 経営と現場が連携できている企業

上記のポイントからは、
経営者から情報システム部門まで、一体となって利益や成長を考えている企業の姿が浮かび上がってきます。

ウイングが内製化を勧める本当の理由

人は誰でも「仕事はラクなほうが良い」と考えます。もちろんそれが効率化=ラクという意味で使われるのであれば、企業の利益追求と目的は合致することでしょう。

しかし実際には、
自分がラクをするために、本来必要の無い外注コストまで増大させていることも多いのではないでしょうか?
特に情報システム部門は、自社に技術力や知識がないから…という理由で、簡単にコストの増大につながりやすく、ITベンダーはこれをビジネスの糧としています。
これらの理由から、多くのベンダーはユーザー自身がシステム開発を行うと自分たちの仕事が無くなると考え、今後もユーザーに積極的に内製化を勧めることはないでしょう。

それでもウイングが内製化をお勧めするのは、ITを企業の成長のためにもっと役立てていただきたい。それをサポートすることが本来のベンダーの姿であり、私たちウイングの企業理念と存在意義であると考えているからです。

これからは内製化がトレンドになる時代

なぜ今まで以上に内製化がしやすくなったでしょうか?
それはGeneXusの機能が内製化に関わる課題を解決できるからに他なりません。

  • 最新の技術の勉強しなくても システム自動生成できる
  • 業務視点、ユーザー視点でシステム構築ができる
  • システム開発・保守に今までにような人数を必要としない
  • 新しいIT環境の頻繁な変化をキャッチアップする必要が無い
  • 短期間で社内の人間を育成できる

これら優れたGeneXusの特長とウイングが有する豊富な経験をあわせれば、
まさに将来、日本中の企業が目指すべきスピード経営の促進や低コスト経営、IT人材不足の解決の大きな足がかりになると確信しています。

すでに内製化に取り組んでいる企業にも

すでに内製化をされている企業でも、内製化をいっそう効果的に続けるために、道具を変えてみてはいかがでしょう?
システムを開発・維持するにはどんどん変革する技術の習得を続けていかなければなりません。
GeneXusという道具を使うことで、技術習得の負担を減らし、開発・保守を効率化することで、システム構築に重要な部分に時間を使うことが可能になります。

ウイングが全力でサポートいたします

我々はIT開発ベンダーである前に、ユーザー内製化推進コンサルタントです。
自社の社員が中心となって自分たち自らの手で魚釣りができるようにお教えいたします。 内製化後も最新のIT技術や活用ノウハウ、業務テンプレートなど、必要な情報を提供します。また、開発技術者が不足した時には開発パワーの支援を行い、継続して内製化の支援を行っていきます。 ウイングは内製化の目的を達成させます。 我々は単にライセンス販売、トレーニングを提供するビジネスではなく、 企業が求める内製化ができるまで企業をサポートいたします。

ウイングの価値と強み

ウイングの価値と強み トレーニング+テンプレート部品集+規約+内製化ノウハウ

内製化に最後までコミットするトータルサポートがウイング最大の利点です。

システム 内製化を目指して、
目標達成できるまでウイングが徹底サポート

GeneXusでの内製化推進

開発の進め方

情報システムは変化するビジネス要求に早く、低コストで対応していくことが重要です。
その実現には『ユーザー企業が主体でシステムを開発すること(内製化)』が有効です。
ウイングの内製化コンサルティングサービスでは、ユーザーが主体となり情報システム開発できるノウハウを提供いたします。

情報システム開発の抱える課題例

開発の長期化がもたらす課題 例:情報システムの陳腐化、新たなテクノロジーの対応が困難
情報システム開発を外部委託する課題 例:時間が掛かる、コスト増大、情報流出、ブラックボックス化、開発ベンダー都合
情報システムの変更が遅れることでの課題 例:事業変化への対応の遅れ(利益の逸失)

ユーザー主体開発で課題を解消

ユーザー主体開発のメリット
  • 経営に合わせシステム開発、変更を早く行える
  • システム開発、保守のコスト削減
  • システムのブラックボックス化の解消
  • 戦略や内情などの情報流出を避ける
  • 人材育成(業務把握、情報システム構築、保守・運用)
  • 情報システムリテラシー向上、モチベーション向上

ウイングは情報システム開発のノウハウを教えます!

ユーザー主体開発実現の上で課題となる
「技術習得」、「開発の進め方」について、当社の豊富な実績とノウハウで貴社の情報システム部門を変革します。

内製化コンサルティングサービスの概要

情報システム開発とGeneXusを最大限活用する上での重要なポイントをOJTにてご指導いたします。

ポイント

  • 自社の業務と情報の流れの把握するための設計アプローチ手法の習得、設計ドキュメントの作成と理解
  • GeneXusとGSTの技術習得とプロトタイプによる開発
  • レビュー手法の習得

御社の案件や体制によってご相談させていただきますので、ぜひお問い合わせください。

GeneXus無料説明会のお申し込みはこちら お問い合わせ