ウイングの強み

GeneXusのナレッジベースから設計書を作成します

昨今、開発手法の主流となっているアジャイル、インクリメンタル開発手法では、プロトタイプや実際に開発した画面を用いてユーザーとの対話によりプロジェクトを推進していきます。その際、納品物・成果物としての設計書は後工程に回すことが多いのが現状です。



「システム開発が落ち着いてから、後追いの設計書作成となってしまう・・」

「監査のためだけに設計書を作成しなければいけない・・」

「ナレッジベースと設計書の同期がとれていない・・」



このような課題をお持ちの企業様も多いのではないでしょうか。

ウイングでは豊富な開発実績と高い技術力を基に、GeneXusのナレッジベースから、設計書を自動生成するツールを独自に開発し、設計書作成サービスの提供を開始いたしました。





ご提供できる設計書

1.オブジェクト一覧

機能分類、機能名、オブジェクト名、オブジェクト種類(WebPanel、Procedure)を自動取得

2.トランザクション定義書

Attribute名、ディスクリプション、型、桁数、マイナス許容有無、NULL許可有無、ドメイン、リレーション情報、utoNumber、フォーミュラも自動取得

3.ナレッジベースフォルダ構成表

ナレッジベース内に格納されたオブジェクトをフォルダ構成とともに階層別に自動生成

4.詳細設計書(機能ごと)

【基本情報シート】

 本プログラムの引数、DBアクセス(参照トランザクション)、画面遷移情報、呼び出し部品

【画面定義シート】

 コントロール名、タイプ、編集可否、イベント有無

【動作定義書シート】

 アクション、イベント種類(クリック、リフレッシュ)、動作詳細 ※条件あり

【参照定義書シート】

 対象トランザクション、Order、Where、When句等



(出力サンプル)



設計書のサンプルをダウンロードいただけます。

下記フォームよりお申込みください。設計書のサンプルダウンロードページをご案内いたします。



※こちらは、弊社がツールを利用してお客様のナレッジベースから設計書を作成するサービスです。

 サービスご利用の詳細についてはお問い合わせください。


GeneXus無料説明会のお申し込みはこちら お問い合わせ