GeneXus受託開発事例9

訪問看護事業所支援システム

株式会社IT働楽研究所様(以下、IT働楽様)は、看護事業企業向けの「訪問看護事業所支援システム」を
SaaSサービスで事業展開するために、GeneXusを使ってシステム開発をしました。

システム化の背景

「訪問看護事業所支援システム」をシステム化するにあたり

  • ■どこからでも簡単にアクセスでき、インストール等の設定作業行わずにすぐに使えるシステムであること(クラウドを活用したWebアプリケーションとして提供)
  • ■訪問記録の蓄積から利用者様への請求業務に至るまで、訪問看護事業所の全ての業務をシステム化する
  • ■大量の個人情報を扱うためにセキュリティの要件を厳しくする

ということが必要となり、大規模な開発となることが予想されました。

GeneXus採用の理由

顧客要件を満たし、かつ短期間、少ない工数でシステム開発が行えることができるかが、今回のシステム開発のポイントでした。
訪問看護事業所支援システムの開発では、以下の要件を満たす必要があり、GeneXusを選択しました。

  • 複雑で多岐に渡る訪問看護事業所業務をオールインワンで提供
  • PCの操作に不慣れな方でも簡単に使える、使い勝手、操作性を考慮した画面デザイン
  • 業務効率向上のための入力簡素化
  • 定期的な法改正への対応
  • 個人情報保護のためのセキュリティ機能

実現した業務内容

訪問看護事業者様・訪問リハビリ事業者様向け業務支援システムです。訪問計画、訪問記録、指示書の作成から請求業務、各種経営管理情報まで、必要とされる機能をオールインワンで提供するクラウドシステムです。パソコン、スマートフォン、タブレットから簡単にご利用いただけます。主な機能として、以下の点を実装いたしました。

  1. 訪問看護
    • 訪問看護指示書情報登録
    • 訪問看護計画書作成
    • 訪問看護記録書作成
    • 訪問看護報告書作成
    • 訪問看護情報提供書作成
    • 介護保険/医療保険・請求書作成
  2. 訪問リハビリ
    • 診療情報提供書参照
    • 訪問リハビリ指示書参照
    • 訪問記録作成
    • リハビリテーション実施計画書作成
    • ケアマネジメント連絡用紙参照
    • 介護保険/明細書・請求書作成
  3. 共通機能
    • 利用者情報登録
    • サービス提供表作成
    • サービス予定・実績作成
    • 利用者の自己負担⾦請求書・領収書作成
    • 送付状出力
    • 写真取込・参照
    • CSVデータダウンロード
    • 統計データダウンロード
    • 各種帳票出力

導入効果&評価

実際にGeneXusを使って開発した結果、プロトタイプの開発から商用サービス版の開発までスクラッチ開発だと100人月程かかった所が、60人月程度の工数で開発することができ、GeneXusが非常に有効なシステム開発ツールであることが分かりました。

  • 【複雑な業務への対応】
    • 訪問看護事業所支援システムの業務は、介護保険と医療保険の両方に対応する必要があり、それぞれの制度が複雑に絡み合う部分があるため、処理が大変複雑になります。GeneXusで開発することで、製造の工数を削減することができたため、そのリソースを設計に振り向けることで、複雑な業務ロジックを全体工数を抑えつつ、システム化することができました。


  • 【システム変更の容易さ】
    • 介護保険、医療保険は法改正によって制度や報酬が定期的に変更されます。それらの変更に対応する必要があるため、システムを容易に変更できる必要が有ります。GeneXusでは、データ項目の変更や追加があっても、そのビジネスロジックを追加するだけで、関連するデータベース定義やプログラムの ソースコードが自動生成されるため、システムの変更が容易に行えました。実際に2012年度の介護・医療の同時改定では、制度や報酬にかなり の変更が加えられましたが、改定の発表から2か月でシステムの変更を完了することができました。


  • 【セキュリティ対策】
    • 訪問看護事業所の業務データは、個人情報の塊であり、システムに高度なセキュリティ対策が必要とされます。Webアプリケーションのセキュ リティ対策として、SQLインジェクションとクロスサイトスクリプティングへの対策が必須となりますが、GeneXusはこれらに対策した ソースコードを自動的に生成するため、開発者は意識することなくセキュリティ対策を行うことができました。


  • 【GeneXusの開発効果】
    • GeneXusを使用して開発した結果、システム開発者として以下の効果を実感しました。
・複雑な業務システムを効率的に実装 ・開発工数の短縮 ・保守性の高いシステム ・高度なセキュリティ対策

今回の開発は、OSはLinux,言語はJava、DBMSはPostgreSQLで行いましたが、将来的にプラットフォームの変更が生じた場合でも、GeneXusのジェネレータを変更するだけで容易に移植ができることもGeneXusの効果と言えます。

今後の課題

今回の看護事業企業様 「訪問看護事業所支援システム」では、外部のご利用者様にお使いいただくシステムである事から、画面のデザインやレイアウトにも注力し、GeneXusの画面自動生成機能は使用せず、Webパネルを使用したためGeneXusの工数削減効果を 最大には生かすことは出来ませんでした。今後は、今回開発した画面をテンプレートとして使用することにより、更なる工数削減ができると考えています。また、今回の開発を通して得たGeneXusに関するノウハウの活用やテンプレート化による工数削減を武器とし、より多くのGeneXus開発案件を受注していくことも可能となりました。