FUJITSU Symfoware Server連携

Symfoware ServerとGeneXusの連携により、
システム開発・運用のコストおよび工数を大幅に削減します。

 GeneXusは、システムの業務ルールとデータ分析結果を入力することによりシステムを自動生成します。これによりシステム開発が飛躍的に効率化できます。
Symfoware Serverは、スマートソフトウェアテクノロジー(注1)により、データベースの導入や運用・保守を容易に実現します。
これらの製品を連携させることで、ハードウェア環境やアプリケーション開発などのIT環境の変化にも柔軟に対応し、システムライフサイクルを効率化することができます。

 (注1)スマートソフトウェアテクノロジーとは、 ハードウェアやソフトウェアの状況を自ら判断し、より簡単・安心にお使いいただくための最適化を図る富士通様独自の技術です。

  

連携イメージ 

GeneXusに業務ルールやデータ分析結果などの設計情報を入力すると、JavaやC#、Rubyのソースコードを自動的に生成します。これと同時にSymfoware Serverへテーブル定義情報が自動的に作成されます。これにより、高生産性・高品質を実現しつつ、開発工数を削減できます。またデータベースリバースエンジニアリング機能により、既存のデータベースから高性能なSymfoware Serverへの移行が簡単で、アプリケーション移行のための開発を効率化できます。

 特徴

Symfoware Serverの特長

  • ■世界最高水準のパフォーマンスと人に優しいユーザビリティを実現
  • ■PostgreSQLと完全互換のインターフェース
  • ■スマートソフトウェアテクノロジーで、データベースを簡単に導入・運用
  • ■数々のミッションクリティカルシステムで培った高信頼、高性能機能を活用した「あんしん」なシステム構築

GeneXusの特長

  • ■システム100%自動生成で、高生産性・高品質を実現
  • ■マルチプラットフォーム自動対応(言語、DBMSを自由に選択)
  • ■顧客要件を知識ベース化し将来にわたり資産継承ができる
  • ■スマートデバイスに自動対応(iOS、Android、BlackBerry)

FUJITSU Software 連携パートナープログラムの登録